決算等各種変更届
建設業許可を取得した後、変更事項がある場合、その都度「変更届」を提出する必要があります。この変更届の提出を怠ると、行政処分の対象となる可能性があります。場合により許可の更新に影響する重要な変更届となります。

決算等各種変更届

建設業許可を取得した後、変更事項がある場合、その都度「変更届」を提出する必要があります。

 

特に、毎年「決算変更届」については、提出しないといけません。
この決算変更届は、毎年の決算日から「4ヶ月以内」に提出する義務があります。
これを怠ると、次の許可について更新できない場合があります。

 

しかもこの決算変更届に、損益計算書・貸借対照表の財務諸表を添付する必要があるのですが、これは建設業会計に基づいて、正しく振替(要は、財務諸表を作り直す)しないといけないものです。
建設業許可後の変更届の概要は、以下の通りです。

 

1 届出期間が変更後30日以内

 

(1) 称号、名称
(2) 資本金額(出資総額)
(3) 営業所の名称、電話番号等
(4) 営業所の新設
(5) 営業所の廃止
(6) 営業所の業種追加
(7) 営業所の業種廃止
(8) 役員等(新任、退任、代表者)
(9) 支配人(新任、退任)
(10) 法人の役員等
(11) 廃業

 

2 届出期間が変更後2週間以内

 

(1) 欠格事由に該当
(2) 営業所の代表者の新任・変更
(3) 常勤役員等(管理責任者、補佐人)
(4) 専任技術者
(5) 健康保険等の加入状況

 

3 届出期間が事業年度終了後4ヶ月以内

 

(1) 決算(添付書類:工事経歴書、財務諸表、使用人数、健康保険、定款等)

 

(出典:国土交通省ホームページ岩手県のホームページ